皮膚科のアレコレ~肌のお悩みレスキュー隊~

困る

つるつる肌にする

皮膚科のメリット

カウンセリング

水虫に悩まされる人は非常に多く、水虫と一言でいってもその症状は様々です。足の指の間の皮がむけるものや水ぶくれのようになるもの、また足の爪が白くなって爪があつくなっているものなど症状は様々です。市販の水虫薬も多く販売されていますが、症状に応じて薬を使い分ける必要があります。また素人ではどの症状にどの薬が良いのか、また市販の薬でなおるのかといったことは判断ができないので短期間でより確実に治療したいのであれば皮膚科でみてもらうことが一番です。何年も市販薬では治らなかったが、皮膚科で処方された薬を使用すると短期間でなおったというケースも少なくありません。皮膚科であれば患部の状態をみて塗り薬・飲み薬を処方してもらえるのでより効果的に治療を行えます。

皮膚科での治療

水虫で悩まされる原因はなんといってもかゆみです。特に仕事がら革靴を履く人は足が機密状態にあり、外回りで歩く機会が多いとよりかゆさを増してしまいます。この場合、市販薬でかゆみを抑え、できるだけ早く皮膚科で見てもらって治療することが大事です。放っておくと患部はどんどん広がっていくため、かゆみに我慢できなくなってきます。かゆいからといって掻いてしまいがちですが、そうすると皮膚が剥けてばい菌が入ってしまいます。水虫が完治するには長期間かかるため、少し症状が良くなったからといって途中でやめてしまわず医師から完治を告げられるまで通院して治療することが必要です。完治するまでにはおよそ半年から1年が目安となっていますので、根気が必要です。